日本語教師として働く

教員の免許を持っている主婦の方は、全国に沢山いらっしゃることでしょう。主婦として家事などをされている方の中には、子育てが終了したという方もいらっしゃるはずです。自由に使える時間も増えたでしょう。でも、特にやることがないという方は、いつもボーっと過ごしているはずです。そんな過ごし方、とても勿体ないような気がします。ですから、教員の免許を利用して、仕事を始めてみてはいかがでしょうか。日本に来日している外国人に日本語を指導する教員の仕事も存在します。日本語教師と言いまして、外国人に分かりやすく日本語を指導します。すごく楽しい仕事ですので、ぜひ挑戦してみてください。自分自身もいろいろなことを学べるはずです。日本語教師の求人募集状況ですが、インターネットの求人サイトで調べることができます。すごくオススメですので、参考にしてみてください。

日本語教師という仕事

日本語という言語は非常に難しい言語です。日本人でさえ正しい日本語を知っているかと言われると少し悩みます。この難解な言語を外国人達に教える日本語教師は深い知識に加えて分かりやすさを重視することが必要です。日本語教師が教える生徒達は、文化も年齢も目的もバラバラです。バラエティ豊かな1人1人に、どうやって理解してもらえるかをよくよく考えて授業に望んでいます。思惑通り「納得できた」と言われたときの喜びは格別です。しかし、そうそう上手くいくことばかりではないです。四苦八苦してようやく作った教材が、まったく受け入れてもらえなかったこともあります。また、生徒達の質問から、発見や、日本語に対する新たな疑問が浮かんだりすることも頻繁にあります。教える立場であっても日々初心に返り勉強する毎日です。でも、やりがいをダイレクトに感じることができます。

日本語教師になるための方法

たとえば、中学校や高等学校などで英語を教えるために英語教師になりたいのであれば、教員の免許が必要です。しかし、日本語教師の場合はやや異なります。実際には、特別な免許や資格がなくても、日本語を教えることができるでしょう。もちろん、どこで教えるかによっても異なりますが、下記のような方法で、日本語教師になることができると言われています。たとえば、民間の学校で教える場合であれば、養成講座を修了していることや検定試験に合格していることを必要条件にしている所もあります。もちろん両方の条件を満たしていれば、より有利でしょう。しかし、これら民間の学校ではなく大学などで教えようとすると、まず大学院を卒業している必要があると言えるでしょう。単に大卒というだけでは不十分であるとされています。修士以上の学歴を求める所が多いからです。